男性 抜け毛

男性の抜け毛の原因でもストレスが関係する

ストレスは万病の元と言われていますが、髪の毛の成長にも関係しているのです。

 

人間がストレスを感じるのは当たり前のことで、適度なストレスは体の刺激になって活動を活性化してくれます。

 

ですが、過度のストレスを感じたり、ストレスが溜まりすぎてしまうと、体内を酸化させる活性酸素が大量に発生します。

 

体内の酸化は、免疫力や抵抗力を低下させたり、細胞の生成や再生を滞らせるなど、健康や美容に大きな影響を与えます。

 

抜け毛対策でも必要な睡眠は髪の成長にも関わってくるので大切です。

 

睡眠中に体に蓄えられた栄養など体の隅々に働かせて再生していくので、育毛でも育毛のサプリなど髪の栄養になる成分を摂取しておくと睡眠中に再生力もグッと増しやすくなります。

 

そして、この酸化によって衰えるあらゆることが、髪の毛の成長をストップさせてしまうのです。体内酸化が起きると、内臓機能が低下してしまい、タンパク質やミネラルの合成がスムーズに行われなくなります。

 

タンパク質やミネラルは、髪の毛を構成するために必要不可欠な栄養成分です。
この合成が悪くなると、髪の毛の材料が不足してしまうことになり、髪は細く抜けやすくなってしまいます。

 

 

ストレスによる活性酸素で毛母細胞を攻撃する

ストレスによって生成された活性酸素は、毛根にある毛母細胞も攻撃します。
毛母細胞がダメージを受けると、細胞分裂が低下してしまうため、髪の成長がストップしてしまいます。

 

それに加えて、毛根組織の老化も促進されてしまうので、成長期が短縮されて退行期に移行する髪の毛がどんどん増えてしまうのです。

 

 

ストレスによる自律神経バランスが乱れて皮脂量が多くなる

他にも、ストレスは自律神経のバランスを崩してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

 

皮脂の分泌が過剰になると、頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなるため、柔軟性がなくなって血流が滞ります。

 

血行が悪くなれば、必然的に栄養不足になったり、老廃物の排出が出来なくなり頭皮環境の悪化を招きます。

 

そのため、正常に育っていた髪の毛にも栄養が行き渡らなくなるため、抜け毛や細い毛の状態が引き起こされるのです。

 

このようにストレスはあらゆる部分から頭皮や毛根組織に悪影響を与えて、抜け毛を増やしてしまいます。
ストレスのたまり具合は自分ではわかりにくいものなので、極限まで我慢してしまう、という方も多いでしょう。

 

ですが、それが抜け毛を引き起こしている可能性もあるので、ストレスを発散させたり、リラックス出来る時間を持つようにしましょう。

 

男性の抜け毛の大きな原因のジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの一種です。

 

元々男性の体には、テストステロンと言う成分があります。
これを補うために、5α-リダクターゼによって変換された男性ホルモンがジヒドロテストステロンです。

 

テストステロンも男性ホルモンの一種であり、9割以上が精巣でつくられている成分です。髪のボリュームアップに良いシャンプーをしっかり使っていきながら育毛剤を併用していくと毛母細胞の働きが弱くなっていても働きを強めることができるので、抜け毛の進行を遅くすることもできるでしょう。

 

 

ジヒドテストステロンはコレステロールが原料として使われる

コレステロールが原料となっていて、若い男性であれば一日に7mg程一日に作られていると言われています。

 

テストステロンは髪の毛を太くする効果があると言われていますが、ジヒドロテストステロンは髪の毛には悪い影響を与えます。

 

体内で生成されるテストステロンの量が足りなければジヒドロテストステロンが作られるので、年齢を追うごとに体内のジヒドロテストステロンの量はどんどん増えていくでしょう。

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を妨げる効果がある成分であり、脱毛の原因の9割以上だとも言われている物なのです。

 

 

テストステロンは体に必要なホルモン

テストステロンは体にとても大切な成分です。

 

性欲や精子形成を助ける力を始め、骨格や筋肉の成長を行い、やる気と行動力も作るために必要だと言われているのです。

 

ジヒドロテストステロンは、余り良い働きをしません。
テストステロンの変わりの役割はありますが、薄毛の進行の他に、前立せん肥大や体毛の増加、精力減退等に影響するそうです。

 

男性らしさの為に必要な成分ですが、薄毛対策をするためにはジヒドロテストステロンを現象させる必要があるのではないでしょうか。

 

抜け毛の原因に着目した成分の亜鉛を育毛サプリで摂取しよう

健康な髪の毛を育てるにあたって栄養バランスの取れた食生活を続けることがとても重要だと言われています。特に育毛サプリメントが充実してきてノコギリヤシ配合のサプリメントが男性用では配合されていることが多くなってきました。またそのほかの成分の種類も多くなってきています。

 

その中でも積極的に取り入れたい栄養素として知られているのが亜鉛です。

 

亜鉛は牡蠣やレバー、ナッツ類、小魚などに多く含まれている栄養素です。
亜鉛を摂取することで抜け毛を誘発させる原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があると言われています。

 

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことで発生する物質です。亜鉛は5αリダクターゼの働きを邪魔する効果を発揮するので、ジヒドロテストステロンが生成されにくい状態にすることができます。

 

また、タンパク質を体の組織に作り変える役割を担っており、髪の毛の主成分であるケラチンを生成するために役立てることができます。亜鉛が不足してしまうとケラチンが生成されにくい状態となり、髪の毛を成長させにくくなるので注意が必要です。普段から摂取を心がけたい成分ですが、平均的に摂取するのが比較的難しい成分なので育毛サプリを活用したり、ドラッグストアで販売されている亜鉛サプリメントを使用したりするとよいでしょう。

育毛効果がある亜鉛のサプリメントの摂取量は?

亜鉛を積極的に摂取することが育毛にとって望ましいと考えられますが、気をつけなくてはいけないのが過剰摂取です。特にサプリメントを育毛以外でも普段から愛用している人に多いのが特徴です。

 

一日の摂取量の目安としては成人男性で12mg、成人女性で9mgとされています。亜鉛を多く含む食材を摂取している場合は食べ過ぎなければ問題ありませんがサプリメントで補給している場合は過剰摂取に注意する必要があります。

 

過剰摂取となれば体の免疫力を低下させるなどの悪影響を及ぼすことになりますので十分注意が必要です。

 

 

亜鉛の育毛効果を高めるクエン酸&ビタミンC

亜鉛による育毛効果を更に高くするためにはクエン酸やビタミンCを一緒に摂取することをおすすめします。育毛サプリメントではこれらの成分がセットで配合されている場合も多く、単一の亜鉛サプリメントに比べると配合量が抑えられているので、亜鉛の過剰摂取は避けられるでしょう。

 

補酵素は体内の吸収率がアップすることができますので是非お試しください。髪の毛を生成させることができるように良質なタンパク質を補給することも効果的です。

 

栄養バランスのとれた食事を摂るようにしましょうと言われるのはこのようにそれぞれの栄養素が相乗効果によって優れた育毛効果を発揮することができるためです。あくまでもサプリメントは補助的な役割で使用していくとよいと思います。

 

毎日の食事メニューを考える際に参考にしてください。

 

抜け毛の原因であるジヒドロテストロンに返還する5α-リダクターゼ

5α-リダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと結びつき、ジヒドロテストロンに返還する能力を持った酸素です。
5α-リダクターゼがあるせいでジヒドロテストロンは増えてしまい、薄毛の原因となってしまうのです。

 

テストステロンはもともと男性的な体や精神にする為にとても大切な物でした。

 

しかし、年齢と共にどんどん減少して行きます。
そんなテストステロン不足を補うために作られるのがジヒドロテストロンです。

 

 

ジヒドロテストステロン生成には5α-リダクターゼが必要

テストステロンがジヒドロテストロンになる為に、5α-リダクターゼは必要な成分なのです。

 

ジヒドロテストロンは、薄毛を進行する効果のある成分なのです。

 

テストステロン自体は生殖器増大や性欲増加、男性的な精神を増進させるとても大切な役割があります。

 

それを補う事が出来るジヒドロテストロンは、テストステロンを補う以外に薄毛の進行や体毛の増加、精力衰退の効果があると言われている成分なのです。

 

5α-リダクターゼがなければテストステロンがジヒドロテストロンに変換される事はありません。

 

その為、薄毛の間接的原因となっている5α-リダクターゼの進行を食い止める効果のある育毛剤が増えているのです。5α-リダクターゼの進行さえ食い止めれば、薄毛の進行も食い止める事が出来ますし、精力衰退や前立腺肥大等を食い止める事も出来るでしょう。

 

育毛剤は、5α-リダクターゼを抑制する効果のある物を選んで見ると良いかも知れませんね。

 

 

男性の抜け毛の原因を研究するサイトめにゅー

  • 髪が薄いと感じた時に良い情報はこちら

  •